ABOUT "IVE SOUND"

I'veについて

I've (アイブ・アイヴ) は北海道札幌市にスタジオを構え音楽活動をしているサウンドクリエイター集団。
中には楽曲制作陣(クリエイター)と歌姫(ボーカリスト)が所属している。
主にゲーム・アニメ・映画の主題歌などを手がける。所属事務所は有限会社FUCTORY records。
I'veが作る音楽は “I've Sound” (アイブサウンド) と呼ばれ、その多くにI'veブランドロゴマークが付される。

1999年2月に発売されたゲーム 『吐溜』 の主題歌 「FUCK ME」 を提供したのが初のI've楽曲で、1999年6月に発売された大ヒットゲーム 『Kanon』 の主題歌 「Last regrets」 「風の辿り着く場所」 の編曲でI'veという名が広がり始める。

翌年、2000年9月には同じく大ヒットとなったゲーム 『AIR』 の主題歌 「鳥の詩」 で更に話題となり、既にリリースされていたI'veのコンピレーションアルバム 「regret」 「verge」 にも注目が集まる。

コンピレーションアルバムの第3弾 「Disintegration」 がリリースされた2002年頃には ”謎の音楽集団 I've” と形容され、ファンによるウェブサイトが次々開設され、I've Soundというブランドを確固たるものにしていた。

また、同年よりアニメの主題歌などにも楽曲を提供し、そしてついに2004年に当時の所属歌姫 ”KOTOKO” がメジャーデビューを果たし、これを皮切りに歌姫が次々とメジャーデビューすることになる。

提供する楽曲もゲーム中心であったものがアニメなどにも提供するようになり、I'veの名はより幅広く知られるようになった。

そして2005年10月には東京・日本武道館にてI'veによるライブが開催され、会場に入ることができない人が発生するほどの満員御礼にて幕を下ろした。I'veの絶大なる人気を象徴するような一日であった。

更に活動の場を広げるI'veは映画の主題歌などにも楽曲を提供。
各種アーティストとのコラボレーションなども多くなり、I'veの活動の幅は更に広がりを見せるようになった。

2009年1月には2回目となる日本武道館でのライブを開催。こちらも満員になるほどの大盛況となり、改めてI'veの人気の高さを印象づけた。

2011年、I'veを代表する歌姫KOTOKOと島みやえい子が独立を発表。I'veの大黒柱とも言える彼女らの独立はファンに大きな衝撃を与えた。
しかしI'veはあるインタビューで「(独立は)結果的に良かった」と全く動じないコメントを残した。
ずっと同じ型にとらわれず、でも「I'veらしさ」という部分はブレず、常に新しいことに挑戦をしていきたいというチャレンジスピリットを持っているからこそ、10年以上も多くのファンに支えられているのだろう。

2012年からは「開かれたI've」をキーワードに、外部アーティストへの楽曲提供も積極的に行うようになる。

しかし残念なことに2013年には詩月カオリの卒業、MELLの歌手活動引退が発表される。
そんな逆風が吹く中ではあるが、2014年には結成から15年を迎え、各地でイベントを開催。その集大成として2015年3月には東京ドームシティホールにてI've15周年ライブを敢行、大盛況で終える。

2016年1月には川田まみが年内での歌手活動引退を発表。これをもってI'veを初期から支えてきた歌姫が全員卒業する形となった。
2017年7月末をもってクリエイターの中沢伴行が独立を発表。
時を同じくして2017年7月には10枚目のコンピレーション・アルバム「ALIVE」を発売。18年の歳月で多くの出会いと別れを繰り返したI'veだが、歩みを止めることなく、未来に向かって常に走り続けている不屈の音楽制作集団に、これからも目が離せない。

I'veのメンバー(2018年3月現在)

高瀬一矢
SOUND CREATOR
高瀬一矢
I'veの代表取締役兼サウンドクリエイター。主に作曲・編曲を担当。愛称は 「タカーセ」。
I'veの代表曲は高瀬氏が作られることが多く、まさにI'veの顔と言える存在である。8月8日生まれ。
公式プロフィールへ
C.G mix
SOUND CREATOR / ARTIST
C.G mix
ダンスポップ系・電波系の作曲を得意とするサウンドクリエイター。作曲・編曲・ボーカルを担当。
I'veで唯一の男性ボーカルでもある。愛称は 「mix兄さん」「しじみ」など。1月11日生まれ。
公式プロフィールへ
NAMI(Nami Maisaki)
SOUND CREATOR
NAMI
元Larval Stage Planningの歌姫。LSPを卒業後、I'veのクリエイターとして迎えられる。古き良きI've Soundの一面を表現できる天才肌で、特にピアノの旋律が特徴的。9月8日生まれ。
公式プロフィールへ
Larval Stage Planning / 桐島愛里
ARTIST
Larval Stage Planning / 桐島愛里
2009年の楽曲 「two HeaRt」 でI'veデビュー。
ソロプロジェクト「Larval Stage Planning」 のメンバー。11月6日生まれ。
公式プロフィールへ
歌手データベース(LSP)を見る
歌手データベース(桐島愛里)を見る
柚子乃
ARTIST
柚子乃
2013年の楽曲 「モラトリアム・クラスタ」 でI'veデビュー。
電波ユニット「柚子乃&RINA」でも活動中。12月15日生まれ。
公式プロフィールへ
歌手データベースを見る
IKU
ARTIST
IKU
2008年の楽曲 「木の芽風」 でメジャーデビュー。
デビュー当時はI'veの正式メンバーではなかったが、2014年から正式加入。1月22日生まれ。
公式プロフィールへ
歌手データベースを見る
RINA
ARTIST
RINA
2014年の楽曲 「DUpliciTY」 でI'veデビュー。
電波ユニット「柚子乃&RINA」でも活動中。7月30日生まれ。
公式プロフィールへ
歌手データベースを見る

その他スタッフ

小林拡幸
I'veの広報・アーティストマネージャー。Twitterの管理なども担当している。愛称は「K林さん」。
I've内では随一のコンピュータエキスパート。7月21日生まれ。
木村聡恵
I'veのデスクマネージャー。裏方的な作業に従事されている。

元I'veの主なメンバー(2018年3月現在)

中沢伴行
I'veを支える 「第二の顔」 だったが、2017年7月末をもって独立退社。主に作曲・編曲を担当。
中沢氏の楽曲は美しいメロディの楽曲が多く、高瀬氏とはまた別の曲調で人気が高い。1月9日生まれ。
2018年2月、引退した川田まみとの結婚と第1子が誕生したことを発表。
井内舞子
オーケストラを前面に出した曲作りが得意。歌曲以外にBGMも多く製作されている。過去には 「羽越実有」 名義で活動していた時期もあった。
元々外注であったが、2012年よりI'veに正式加入。その後、2017年からは再び外注クリエイターに戻り、I'veのメンバーではなくなっている。
尾崎武士
高瀬氏がプロデュースしたバンド 「COWPOKES」 (解散済) の元ギタリスト。I've楽曲では主にギターアレンジで参加。別名義に 「TAKESHI」 がある。
I've関係のライブではギターを担当。4月30日生まれ。
2017年からはI'veを脱退している模様。ただし編曲に携わるなど、今でも変わらぬ付き合いではあるようだ。
板垣直基
I'veのトータルディレクター。主に広報活動、人事管理などを担当。歴史好きが知られており、愛称は 「将軍」。
アルバムのジャケットやインナーも板垣氏が手がける。5月18日生まれ。
2017年内にI'veを退職したものとみられる。
中坪淳彦
2000年頃にI'veへ加入。『Face of Fact』の編曲に携わるなど、I've初期において人気の高いクリエイターの1人だった。自身の音楽制作レーベル「FISH TONE」でも活動中。
2005年に音楽性の違いからI'veを脱退。

川田まみ
2016年12月にI'veを卒業&歌手を引退。
引退後もTwitterのアカウントは引き続き運用されており、引退後の生活の様子はこちらで窺うことができる。
2018年2月、元I'veの中沢伴行との結婚と第1子が誕生したことを発表。
朝見凛
2014年4月にI'veを卒業。
それまではLarval Stage Planningのメンバーの1人としても活動していたが、LSPが第二期幼虫期計画としてソロプロジェクトになると同時にI'veを卒業することとなった。現在の動向は不明。
詩月カオリ
2013年3月にI'veを卒業。
シンガーソングライターとして、ソロ活動への道へ進む。2016年より、古島知久が代表を務めるFelis Labelに所属し活動中。
MELL
2013年3月にI'veを卒業&歌手を引退。
長らく体調不良のため活動を停止していたが、ベストアルバムの発売をもって歌手としての活動を終えることとなった。
KOTOKO
2011年8月にI'veから独立。
マネージャーの寺山亨史と共に合同会社Orpheeco(オルフェコ)を立ち上げ、I've以外のアーティストとも積極的にコラボレーションし、新たな道を拓いている。
島みやえい子
2011年4月にI'veから独立。
特定の事務所に所属することなく、全て自身の手で企画・プロデュースし、新曲のリリースからライブ活動まで精力的に行われている。
MOMO
2001年 ~ 2006年までI'veで活動。2006年4月に自身の音楽活動に力を入れるため、卒業。
卒業当時は2人組ユニット「POR」にて活動していたが、解散。のちに中坪淳彦率いるレーベル TTB studioに参加、同時に名義をモモイヒトミに改め、ボーカルのほか作詩・作曲・編曲も行うなど新たな分野にも積極的に挑んでいる。
SHIHO
2000年 ~ 2006年までI'veで活動。2006年3月に自身の音楽活動に力を入れるため、卒業。
弟と共にレーベル「STARAVID」を立ち上げ同人分野で活躍するほか、ラジオパーソナリティとしても活動を行っている。
AKI
1999年 ~ 2001年までI'veで活動。正式に脱退が発表されたわけではないが、現在は活動をしていない。
一時期、体調不良により入院していて声の調子もよくなかったのが原因であるらしい。

I'veの主な歴史

1999年
2月
ゲーム「吐溜 -TRASH-」に提供した楽曲『FUCK ME』でI've名義の楽曲が世に出る。
同ゲームのED曲『美しく生きたい』でMELLがI'veデビュー。
12月
I've自身のアルバムとも言えるガールズコンピレーションシリーズ第1弾「regret」が発売。
本CDに収録された『Last regrets -X'mas floor style-』にて島みやえい子がI'veデビュー。
2000年
5月
中坪淳彦がI'veクリエイターに参加。
5月
ゲーム「D*S 1&2」の主題歌『Days of promise』にてSHIHOがI'veデビュー。
7月
ガールズコンピレーションシリーズ第2弾「verge」が発売。
12月
ゲーム「effect ~悪魔の仔~」の主題歌『Close to me…』にてKOTOKOがI'veデビュー。
12月
冬のコミックマーケット59に初参加。以降、ほぼ毎年冬コミにてグッズを販売することとなる。
2001年
9月
C.G mixがI'veクリエイターに参加。
10月
PORのアルバム「G-Mix」に収録の『uneasy -Remix-』にてMOMOがI'veデビュー。
11月
ゲーム「miss you」の主題歌『風と君を抱いて』にて川田まみがI'veデビュー。
2002年
1月
アニメ「おねがい☆ティーチャー」の主題歌『Shooting Star』にてアニメ作品へ進出。
6月
ガールズコンピレーションシリーズ第3弾「Disintegration」が発売。
7月
アニメ「おねがい☆ティーチャー」のイメージソング『Senecio』にて詩月カオリがI'veデビュー。
2003年
9月
ガールズコンピレーションシリーズ第4弾「LAMENT」・第5弾「OUT FLOW」が同時発売。
11月
電波ソングを集めたコンセプトアルバム第1弾「SHORT CIRCUIT」が発売。
2004年
4月
KOTOKOがジェネオンエンタテインメントよりメジャーデビュー。1stアルバム「羽 -hane-」をリリース。
2005年
2月
川田まみがジェネオンエンタテインメントよりメジャーデビュー。1stシングル「radiance」をリリース。
3月
島みやえい子がジェネオンエンタテインメントよりメジャーデビュー。1stミニアルバム「ULYSSES」をリリース。
6月
中坪淳彦がI'veを脱退。
9月
ガールズコンピレーションシリーズ第6弾「COLLECTIVE」が発売。
10月
日本武道館にてライブ「I'VE in BUDOKAN 2005 ~Open the Birth Gate~」を開催。
2006年
3月
SHIHOがI'veを卒業。
4月
MOMOがI'veを卒業。
6月
MELLがジェネオンエンタテインメントよりメジャーデビュー。1stシングル「Red fraction」をリリース。
7月
C.G mixがジェネオンエンタテインメントよりメジャーデビュー。1stアルバム「in your life」をリリース。
12月
KOTOKOが横浜アリーナで単独ライブを開催。
2007年
6月
電波ソングを集めたコンセプトアルバム第2弾「SHORT CIRCUIT II」が発売。
8月
詩月カオリがジェネオンエンタテインメントよりメジャーデビュー。1stシングル「Shining stars bless☆」をリリース。
2008年
3月
高瀬一矢プロデュースでIKUがメジャーデビュー。(この時点ではI'veメンバーではない)
1stシングル「木の芽風/音の無い夜空に」をリリース。
2009年
1月
日本武道館にて2回目となるのライブ「I'VE in BUDOKAN 2009 ~Departed to the future~」を開催。
3月
I've10周年を記念して「I've Sound 10th Anniversary「Departed to the future」Special CD BOX」が発売される。
10月
ゲーム「Futa・Ane ~ふたあね~」の主題歌『two HeaRt』にて桐島愛里がI'veデビュー。
2010年
1月
KOTOKOが日本武道館にて単独ライブを開催。
6月
電波ソングを集めたコンセプトアルバム第3弾「SHORT CIRCUIT III」が発売。
収録曲『Send-off ~涙色のスタートライン~』でLarval Stage Planning(桐島愛里・舞崎なみ・朝見凛)がI'veデビュー。
9月
ガールズコンピレーションシリーズ第7弾「EXTRACT」が発売。
2011年
6月
島みやえい子がI'veを卒業。
7月
Larval Stage Planningがランティスよりメジャーデビュー。1stシングル「君+謎+私でJUMP!!」をリリース。
8月
KOTOKOがI'veを卒業。
2012年
6月
ガールズコンピレーションシリーズのベスト盤「G.C BEST」と電波ソングコンセプトアルバムのベスト盤「オマイラBEST」が発売。
8月
ガールズコンピレーションシリーズ第8弾「LEVEL OCTAVE」が発売。
12月
井内舞子がI'veクリエイターに正式参加。
2013年
3月
MELLがI'veを卒業、歌手引退。
4月
詩月カオリがI'veを卒業。
7月
ゲーム「ギャングスタ・リパブリカ」の主題歌『モラトリアム・クラスタ』にて柚子乃がI'veデビュー。
2014年
3月
Larval Stage Planningから舞崎なみ・朝見凛がI'veを卒業。ユニットは解散せず、桐島愛里のソロプロジェクトとなる。
9月
ガールズコンピレーションシリーズ第9弾「Evidence nine」が発売。
12月
冬コミにて発売されたアルバム「I've MANIA TRACKS NEW WAVE」の収録曲『DUpliciTY』にてRINAがI'veデビュー。
2015年
3月
I've15周年を記念して東京ドームシティホールにてライブ「IVE RADICAL ENSEMBLE of 15th ANNIVERSARY」を開催。
2016年
1月
新旧I'veの歴史を創ってきた歌い手12名による全新曲書き下ろし記念盤ガールズ・コンピレーションアルバム「The Time ~12 Colors~」が発売。
5月
川田まみが東京ドームシティホールにてファイナルライブを開催。
12月
川田まみがI'veを卒業、歌手引退。
2017年
4月
尾崎武士がI'veを卒業したと思われる。(公式発表なし)
井内舞子がI'veのクリエイターではなく外注へと戻る。
7月
ガールズコンピレーションシリーズ第10弾「ALIVE」が発売。
7月
中沢伴行がI'veを卒業。